小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

切り株の椅子

和島「土のおうちて・こあ」は
樹齢50から60年以上の
杉の大樹に
抱かれるように存在しています。

かつて
植林された木々は
山守人によって
手入れされ
間伐され
人々の暮らしを支えてきましたが…

近年
山守人は消えゆき
手入れはされず
間伐もされず
荒れたままの
手つかずの里山になってしまいました。

て・こあの裏山も
かつては
木材を得るために
植林されたものですが
時が経ち木々は育ったものの
誰も足を踏み入れない
荒れた里山になっています。

ご縁があってつながった
この小さな山を
ドングリなどの雑木の林に
少しずつ戻していけたらいいなぁと想っています。

空に向かってすくすく育つ杉は
素人では手入れが出来ません。
手入れが出来ない杉は
近隣の屋根や樋に枝葉を落とし
危険を伴うので
伐採をすることにしました。

まずは
入り口にそびえ立つ
「ゴッホの糸杉」のような

P1250266.jpg
一本杉を
木こりさんにお願いして
1mくらいに切ってもらいました。

そして「秀樹隊長」が
切り株をほどよい高さに切って
切り株の椅子に♪

P1250239.jpg

長い長い時を語る 
美しい年輪☆

P1250251.jpg

切り株の椅子で お茶をどうぞ♪♪♪



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。