小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シュタイナーの詩

秋に 
種を蒔いた クリムソンクローバー

早春を感じ 芽を出し
葉を 広げ始めた・・・

P1080560_convert_20100308091733.jpg

暗い土の中から 種が 芽をだします

風の力にふれて 葉を ひろげます

そして 日の光をうけて

ゆたかな実を 結びます

そのように 心の種は

体の中で 芽をだし

そのように 魂の力は

世の中に向けて ひろがり

そのように わたしたちは

精神の力の中で

ゆたかに 実を 結ぶのです 

by R・シュタイナー


・・・シュタイナー学校の 生物の時間に 

子どもたちは 

こんな詩を唱えながら

植物と出逢い・・・

自分と出逢い・・・

自然界への 畏敬の念をもつ・・・

詩を唱える中で・・・

一つ一つ感じながら 出逢っていく 素晴らしい世界。

出逢ったものが 自分の中で ほどよく消化され 

そのエナジーによって 自由に羽ばたける 身体・心魂・精神 を持つ・・・

それが「自由への教育 シュタイナー教育」の魅力 だと思う。










スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。