小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

誕生日

いつものように 夜が明けて・・・
いつものように 朝が来る。

いつもの日・・・だけど 今日は特別。

19日の今日は 娘の誕生日。
お誕生日 おめでとう!

魂は 両親を 選んで やってくる のだそうで・・・
だから・・・お誕生日 ありがとう!

幼児期の 7歳までは 体をつくる時期。
その 両親からもらった肉体と 魂を 調和させるために
幼児期にしか かからない病気を担い 克服して「自分」をつくっていくらしい。

まだ不完全な 呼吸器の不具合を 調整するために 
喘息や アトピーを引き起こしたり・・・
食べ過ぎの状況を 改善するために 腸からの排出が 頻繁にあったり・・・
予防接種で 抑えられている 小児伝染病・・・も 
本来は かかる必要のある病気にかかって 不具合を調整するという 意味がある。

シュタイナーの言う 7年周期の 第1・7年周期は 
まさに この 小児独特の病気を 担い 克服する時期。

我家も「アレルギーマーチ」と呼ばれる 状況を 体験してきた。

つらい時期もあったけれど・・・ 
その時々で ベストを尽くし 一つ一つ 克服して 
そのたびに 自己治癒力への信頼が高まり 
今では 何があっても大丈夫!と思える。

第2・7年周期は 外の世界を受け入れていくのに 精神的な課題を担った。
「プチいじり」と呼ばれる状況 の体験。

やっかみを受けるという 本人にとっては「いわれのない嫉妬」に
来る日も 来る日も 涙を流し・・・ココロを痛めた・・・。

その人間関係の中で 外の世界を受け入れる体験をし
そのたびに いい程合いの 体間距離を置くことを身につけ
今では 何があっても大丈夫!と思える。

第3・7年周期が スタート・・・
自分の行く道を 模索する時期・・・

受験という 掴み所のない 未知の世界を 体験する日がやってくる。

でも きっと 大丈夫。

これまでも・・・
そしてこれからも・・・
必要なことしか 起こらないのだから。

安心して わくわくしながら 模索し続けてほしい・・・
と祈っている。

14歳の誕生日は なんだか 心持が違う

なぜか・・・

これまで注がれて来た い・ろ・い・ろ・を 
自分の中で 一つ一つ消化して それらを自分なりの表現で 
言葉や 態度で 示してくるようになったから・・・なのか・・・。

なんだか ぐーんと 大人になった感じ・・・がする。

これからの体験は 今まで以上に「自分」のなかでの「消化力」
が必要になってくるだろう。

『しつけ糸 は はずす ために ある・・・』という言葉が浮かぶ。
糸をはずしても そこには それまでにあった糸の 気配が存在している。

しつけ糸のような 家庭のあり方が はずした後にも 確かに残っていく。 
その思いや思想 習慣を 自分なりに消化して 社会へ出て行くのだろう。

「十四歳のシュタイナー教育」の本に導かれたのにも 
大きな意味があるのだと想う。
その意味を 紐解いていく スタートとなる今日

お誕生日 おめでとう。
そして 学びへと導いてくれて・・・ありがとう。




    
   
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。