小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴッホの絵本 うずまきぐるぐる

心の力を 
色のうずまきで描いた ゴッホ・・・
P1070900_convert_20100217150755.jpg

P1070901_convert_20100217150938.jpg

P1070902_convert_20100217151031.jpg

P1070903_convert_20100217151131.jpg

P1070904_convert_20100217151403.jpg

P1070905_convert_20100217151503.jpg

P1070907_convert_20100217153318.jpg

P1070910_convert_20100217152048.jpg

P1070912_convert_20100217152149.jpg

病気になり 悲しみと 絶望の中で 
何もかもを 飲み込んでしまうような
激しい 激動の 渦巻きを 描き続けた ゴッホ・・・

そうすることで 長く暗い「囚われ」という不自由から自分を開放し
自由になる道を目指した・・・のかもしれない。

リズミカルな筆の動きは まさに 自由へのぐるぐる・・・

しかし あまりにも ナイーブな その心は 切り開いたはずの道を閉ざす。

のびやかだった ぐるぐるは 感情を外へ出すことを閉ざし
内へ・・・内へ と引きこもっていくような
上下に 小さく揺れるだけの動きへ・・・と変化する。


『 あついんだろうか さむいんだろうか

うれしいんだろうか かなしいんだろうか』

P1070916_convert_20100217155546.jpg

『 ざわざわ ざわざわ ざわざわ ざわざわ

空も畑も ぶきみな 風に おびえている

カラスが とびたった あらしが やってくる 』

感情を失い 迫り来る恐怖に ただ ただ 恐れを抱き・・・ 

黄金に輝く麦畑のなかで たった一人で 自らの生涯を閉じた。

ゴッホ37歳


*参考書籍・ゴッホの絵本 構成・文 結城昌子 小学館
















 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。