小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミンククジラ

あの日・・・
海岸に漂着したのは・・・

体長6m
オス
ミンククジラ

でした。

syu-kujira.jpg

http://hakudai.com/syurui.htmlより


*ニュース
http://news24.jp/nnn/news8822291.html

過去
長期にわたって
鯨を
食用とし
機械油などの 資源として 活用してきた 
私たち 日本人にとって

捕鯨問題

深い意味を 持っています。

*捕鯨問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%AF%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C

環境の視点から見た問題
資源活用の視点から見た問題
動物福祉の視点から見た問題
回遊する鯨の汚染という視点から見た問題

いろいろな視点で
捕鯨問題をみていく必要が あるわけですね。

捕鯨の制限がなかった頃
小学生だった私は
給食の 鯨のノルウェー風 が
大好きでした♪
竜田揚げ風の 甘辛味の お総菜。

乱獲による???
大型鯨の激減によって
餌を 共有していた 
ミンククジラのような小型鯨の 
繁殖条件がよくなって 激増し

漁場を 荒らしたり (人間側から見た きわめて 勝手な 表現)
海の生態系の変化が 如実だったり・・・

と言うことが起こっているのだとか。

「増えたから 鯨を 食べてもいいよね」

的な考えも あるのだそうで・・・。

オーストラリアでは
心の病を癒す 
鯨と泳ぐセラピーも あるらしい・・・。

大きな 哺乳類・・・鯨。

この 大きな命や
たくさんの 小さな命を 育む 
母なる海・・・。 

漂着した鯨は
たどり着いた岸辺に 埋められたようです。

母なる海の 気配を 感じながら
永遠の眠りに ついたのですね。


今日も 
白波をたてて 
リズミカルに躍動する 
深く青い海と

P1190679.jpg

吸い込まれそうな 
透明な青空と
ふんわりと浮かぶ 白い雲

P1190680.jpg

気流に乗って 遊ぶ ウミネコ

・・・素敵な 寺泊です。

感謝♪









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。