小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ツルコケモモ・クランベリー

これは・・・大好きなベスコフの絵本 「PETER IN BLUEBERRY LAND」

P1130008_convert_20101019105118.jpg

こちらは・・・翻訳された「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」

P1130007_convert_20101019105041.jpg

お母さんの誕生日に 
ブルーベリーとコケモモをプレゼントするために
森を冒険する 男の子の物語です。

P1130013_convert_20101019104536.jpg

ブルーベリーの子どもと コケモモの子どもたちとの 楽しいひと時が
きっと どこかで 存在している時間なのだ・・・

P1130017_convert_20101019104458.jpg

と思わずにはいられない とても すてきな 絵本です。

この絵本に出会ってから
ブルーベリーとツルコケモモを 植えました。

もう 10年以上の月日が経ちましたが 
その木々を見るたびに
娘と一緒に楽しんだ「絵本の世界」がよみがえります。

「湿地のルビー」と言われる「ツルコケモモ」は
「クランベリー」と呼ばれ ドライフルーツとしては おなじみですね。

クランベリーは 北アメリカ・カナダ原産の 湿潤な場所に自生する ツツジ科植物。
アメリカでは 感謝祭の七面鳥に添える「クランベリーソース」をはじめとして 
ジュース・果実酒・ゼリー・ジャム・スウィーツ・・・などなど 日常的に取り入れているそうです。 
歴史は古く ネイティブアメリカンが 愛してきた 宝のような ミラクル果実
その薬効は すばらしく 健康維持のサポーターとして
もっと 取り入れたい フルーツの一つです。
http://www.reluck.com/genki_kirei/cranberry.html

そんなクランベリーが 
・・・新たに 2鉢・・・
我が家に 仲間入りしました。

P1130022_convert_20101019104422.jpg

可愛い 赤い実が 鈴なり♪

完熟したら クランベリーソースにしようかな・・・
それとも 焼き菓子に入れて 弾けた「ルビー色」のグラデーションを 楽しもうかな・・・


わくわく








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。