小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南と西の窓 には
収穫した バターナッツかぼちゃが ごろ ごろ と 並んでいます。

P1110872_convert_20101007090121.jpg

オブジェにしながら 追熟という Niceなアイデア

その 窓の向こう側には 4・5坪のスパイラルガーデン・・・

P1110880_convert_20101007090402.jpg

ただいま 秋蒔き種の発芽を 楽しんでいるところです。

先日 蕪の種を 蒔きました。

「蕪は間引いて育てる・・・」といわれるとおり 密植をすると よく育ちません。
①種を厚蒔きせず 
②適度に間引いて 
③土を寄せしながら育てることが 大切なようです。

しかーし・・・

ついつい 厚蒔きになり ついつい 間引き足りず 
ひょろリーんと 徒長苗にしてしまうことが よくありました

P1110875_convert_20101007090159.jpg

発芽前に 種が雨で流れて 密集状態・・・にも。

P1110876_convert_20101007090246.jpg

間引くという作業が どうも苦手で・・・ 
この子達も 本当は 大きくなれるんだよね・・・と思うと
胸が痛くなっていたんです。

なので 今回は 移植してみました

P1110877_convert_20101007090326.jpg

「蕪の移植ー???」ですよね。そんな話は聞いたことがないんです・・・
でも やってみたら なかなかいい感じで 定着したみたい

駄目もとでも やってみたら大丈夫だった・・・ってことよくありますよね。
そういう感じ。

かぶは 「キッチンで カップで 育てる」というのもGoodなアイデアだそうですよ。
(500mlのヨーグルトカップなどが

さてさて・・・

今までは どうも感がつかめず 大きく育て切れなかった「蕪さん」が
どんな子に育ってくれるのら・・・楽しみですねー!

秋口からは 食害虫被害も ぐっと減り 育てやすい適期!

おおきなかぶのお話のように おおきくなあれ・・・あまくなれ・・・





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。