小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木かげ

じりじりと 焼け付くような 日差しでも・・・

伸びやかに 枝葉を広げた ケヤキの木かげは
涼やかで 気持ちいい・・・

P1110275_convert_20100804142658.jpg

翼を休めにやってくる イソヒヨドリ

P1110273_convert_20100804142619.jpg

時々 くちばしを あんぐり開けて
涼を とっている姿は 可愛い。

P1110276_convert_20100804142734.jpg

しばらくすると 庭に下りて なにやら ついばんでいる様子。
キウイの蔓を剪定したので 
その蔓が放つ 香りに 引き寄せられているのかもしれない。

春になっても雪が降り 「長かった冬」の頃・・・
枝に残った キウイの実を ついばみに来た 鳥たちの姿を 思い出した。

今年は 実の数が 少ないけれど・・・ 
雪の頃には また 甘くなったキウイを ついばみに来てほしい。

潮風を受けながら 芽吹きの時を学び 
約20年の時を経て 大樹になった ケヤキの木かげ・・・
その 風にそよぐ葉音 香り 色 エナジーは すばらしい。

P1110293_convert_20100804194532.jpg

庭で羽化した 蜩(ひぐらし)は 
ケヤキを舞台に 朝4時になると 透き通った鳴き声を 響かせる。

木かげに 佇むと・・・
「1/fのゆらぎ」と響きあい 呼応して 元気になっていく。

木かげで しばし 翼を休めて 飛び立つ 鳥の姿に
自然界の 偉大なる治癒力を しみじみ感じる。



  

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。