小さな星の会 

風は七色・・・響き合う色 が つくりだす「虹色の時間」を                         ココロに・・・感じて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かご

我家には おおきい ちいさい いろいろな かごが・・・一杯・・・ある。

入るものをあまり選ばず 柔軟で 軽くて やさしい手触りと 
シンプルなフォルムが かごの魅力。

蔓や麻紐 蒲の穂・・・で編んだもの・・・も。

もともとが「ちっちゃい物クラブ」なので コンパクトで プチなものが好き!
手のひらサイズは 特に 好き!

でも 飾っておくだけのものは苦手で 役に立つもの。いろいろにつかえるもの。
・・・であることが 重要。

中でもお気に入りは 
羊毛ボールとかごの ピンクッション!
羊毛のラノリンが 針を保護してくれる。

P1060413_convert_20100101222700.jpg

そんな風に・・・使っているうちに ますます そのよさに魅了されるような ものづくりをしたい。
手のしごとは 暮らしを豊かにするものづくり・・・。
使うために作る・・・だから たのしい。

自分の手から生まれるものは 自分の使い勝手のよい 自分サイズになること が 多い。
特にかご編みは その傾向が強く 出来上がりは自分サイズ!

アジアの国々の いたるところで 愛されてきた かごたち・・・
暮らしの中に 当たり前にあって 直しながら大事に使い 
いよいよだめになったら土に返し 新しくこしらえる。

小さな子どもたちが 大人の手のしごとを真似ながら 
いつしか 立派にかごを作り出す様子はまさに 暮らしの手仕事。

作ったものを使い 
壊れたら直し 
最後は 土に返す・・・

そんな豊かな暮らしをしたい。





 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。